40歳からのレーシック!老眼治療リーディングアイについて徹底解説

40歳を過ぎると近くが見えにくい老眼の症状で悩む人が増えてきます。

今までは老眼の症状には老眼鏡や遠近両用のコンタクトレンズで対応するしか方法がありませんでしたが、老眼治療が進歩し今では眼鏡やコンタクトレンズ以外の老眼治療も行われるようになりました。

その中の一つがレーシックやリーディングアイによる老眼治療です。

これらの新しい老眼治療について詳しく説明していきます。

老眼はレーシック手術で治療できます

目の中には水晶体というレンズがあります。
遠くや近くなどを見る時は、この水晶体が薄くなったり厚くなったりと厚みを変えることでピントを合わせています。

しかし年齢を重ねるごとにこの水晶体はどんどん硬くなっていきます。

硬くなった水晶体は自由に厚みを変えることができなくなってくるため、近くを見ても水晶体が厚くならずピントが合いにくい状態になり近くが見えにくくなります。

これが老眼のメカニズムです。

老眼の原因は加齢なので、白髪と同じく40歳を過ぎると老眼症状は誰にでも現れてきます。

老眼は老眼鏡や遠近両用のコンタクトレンズでの矯正が主流でしたが、今ではレーシック手術でも治療できるようになっています。

リーディングアイ治療とは?


引用:品川近視クリニック大阪

リーディングアイとは、コンタクトレンズよりも小さく真ん中に小さな穴があいている「カムラインレー」という黒いレンズを角膜内に挿入する治療法です。

視力検査で目を細めると見えるようになったという経験をしたことがある人は多いと思います。

これは目を細めることによって目の中に入ってくる光の量が制限され、焦点範囲が広くなりピントが合わせやすくなるという「ピンホール効果」によるものです。

リーディングアイはカムラインレーの真ん中に空いている小さな穴から光が入ることで、このピンホール効果によりピントが近くに合いやすくなるため近くが見えるようになるのです。

品川近視クリニックの老眼治療レーシック解説


引用:品川近視クリニック

品川近視クリニックはレーシックの症例数トップクラスの大手クリニックで、リーディングアイなど老眼治療にも力を入れています。

またリーディングアイとレーシックを一緒に行うこともできるため、近視などの屈折異常と老眼をまとめて同時に治すことが可能です。

手術にかかる時間も短時間なので、両方同時に行っても通常のレーシックと同じで日帰りで手術を受けることができるのも人気の理由の一つとなっています。

この品川近視クリニックで行っている老眼治療について簡単にご紹介します。

詳細については直接クリニックにお聞きください。

リーディングアイ

老眼治療のみのため、遠くの視力はそのままで近くの視力だけを改善させます。

費用は3年保障がついて27.6万円(税抜き)になります。

リーディングアイ・プラス

レーシックで近視や乱視の矯正を行うと同時に老眼治療のリーディングアイも行うため、遠くと近く両方の視力が改善します。

3年保障で34.3万円(税抜き)となっていますが、充実したアフターサービスが受けられるサポート会員(無料)に入会すると29.7万円(税抜き)とお得に治療を受けることができます。

アマリス750リーディングアイ・プラス

リーディングアイ・プラスと同じでレーシックと老眼治療を同時に行いますが、7次元で眼の動きを認識するアマリス750という最新機器を使用するため見え方の質が向上します。

3年保障で43.6万円(税抜き)ですが、サポート会員入会で39.9万円(税抜き)となります。

リーディングアイ・クリスタル

品川近視クリニックでしか行うことができない最先端の老眼治療で、より高い効果期待できます。

リーディングアイ・プラスなどと違い10年保障と保障期間も長くなっています。

費用は64.9万円(税抜き)ですが、こちらもサポート会員入会で60.4万円とお得になります。

リーディングアイ・レクストベスト

品川近視クリニックおすすめの角膜強じん化付きの視力回復治療と老眼治療になります。

保障10年で83.4万円(税抜き)となります。

リーディングアイ・レクストマキシマム

品川近視クリニック最高峰ともいえる角膜強じん化付きの最高レベルの視力回復治療と老眼治療になります。

保障10年で120.4万円(税抜き)となります。

品川近視クリニックの老眼治療実績

品川近視クリニックはレーシックだけではなく老眼治療についても数多くの実績を誇っています。

世界各国の眼科医が集まるユーザーズミーティングを東京で開催しリーディングアイ・プラスの症例を発表しています。

このユーザーズミーティングでは世界の名高い眼科医達が技術を学び、施設見学を行うなどからその関心の高さが伺えます。

また、ASCRS(米国白内障眼内レンズ屈折矯正学会)・APAO(アジア太平洋眼科学会)・ESCRS(欧州白内障・屈折矯正学会)・ISRS(国際屈折矯正手術会議)・AAO(米国眼科学会)・Hawaiian Eye2012(ハワイアンミーティング)など世界の数多くの学会で、症例報告や術後成績などリーディングアイ関連の発表・講演を行っています。

このことからも品川近視クリニックが老眼治療において世界トップクラスの実績があるということがわかると思います。

老眼治療レーシックに関するよくある質問

老眼治療は比較的新しい手術になるため、レーシックと比べるとまだまだその認知度は低いといえるかもしれません。

老眼治療を行った人が周囲に少ないということもあり、老眼治療に関する情報を得られる機会が少ないというのが現状です。

そこで老眼治療レーシックでよくある質問をいくつご紹介します。

手術にかかる時間はどれくらい?

手術はおよそ数分~10分程度と短時間で終わるため、入院などの必要はもちろんありません。

ただやはり眼の手術ということに変わりはないので、手術後しばらくは感染予防のための目薬と経過観察が必要になります。

気になる手術後の視力ですが、手術後数日という早い段階で近くが見やすくなるという人もいますが、中には数カ月かかるという人もいます。

見え方や術後の目の状態・回復までの時間などには個人差があるということを覚えておきましょう。

後遺症は出るのか?

後遺症として、夜間に光がにじんで見えたりまぶしく見えるハロー・グレアやドライアイなどの症状が起こることがあります。

これらは通常のレーシックでもよくある後遺症といえますが、リーディングアイの場合は特にドライアイの症状が強く出てしまうことがあります。

ドライアイの症状は目薬などで対応することができるため、手術後の検診やケアはとても重要です。

手術前にこれらの後遺症などについて医師からしっかりと説明があるので、納得してから手術を行うようにしましょう。

老眼治療ができるおすすめ眼科

品川近視クリニック大阪院
老眼治療 276,000円~

老眼治療が可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

オススメ
神戸神奈川アイクリニック大阪院
老眼治療 370,000円~

老眼治療が可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

あわせて読みたい