レーシックは本当に安全か?国内外のアンケート・研究結果まとめてみた

以前は視力の矯正は眼鏡やコンタクトレンズが主流でしたが、医療技術や医療機器の進歩により手術による視力矯正も可能となり、今ではレーシック手術は視力矯正方法の一つとして広く浸透しています。

レーシックは幅広い年齢層から人気を集めていますが、眼の手術と聞くと本当に安全なのか正直気になるところではないでしょうか。

そこでレーシックの国内外のアンケートや研究結果をまとめてみました。

レーシック手術とは?

レーシック手術とは近視・遠視・乱視などの屈折異常を手術によって治すことから、屈折矯正手術とも呼ばれています。

外から入ってきた光は角膜と水晶体で屈折され網膜に焦点を合わせます。

これがものを見る仕組みになり、網膜よりも手前で焦点が合ってしまうのが近視、網膜よりも後ろで焦点が合ってしまうのが遠視、焦点が一点に集まらないのが乱視になります。

レーシック手術とはカメラでいうレンズの役割をしている角膜を特殊なレーザーで削ることで屈折力を変え、網膜に焦点を合わせ視力を矯正する方法になります。

レーシック手術の仕組み


引用:http://www.lasik.jp/

視力を矯正する方法として眼鏡やコンタクトレンズがありますが、眼鏡の場合は目の前に、コンタクトレンズの場合は角膜の上にレンズを乗せ、角膜の前で光の屈折率を変えて目の中に取り込むことで視力を矯正させます。

ただし角膜自体は元の状態と変わりないので、眼鏡やコンタクトレンズを外すと視力は元の状態に戻ります。

一方のレーシックは角膜そのものをレーザーで削って屈折率を根本から変えて視力を矯正させます。

フラップと呼ばれる蓋を作り、フラップをめくった状態でレーザーを照射していきます。

照射が終わればフラップを元に戻しますが、フラップは自然と吸着し元に戻っていくため縫合などの必要もなく、手術時間も短時間で体への負担も少ないため日帰りで行えます。

角膜を削って形を変えてしまうので、眼鏡やコンタクトレンズを使用しなくても半永久的に視力は矯正されたままになるという仕組みになっています。

公的機関により承認されたレーシック

アメリカは1995年に日本でいう厚生労働省にあたるFDA(アメリカ食品医薬品局)がエキシマレーザーの視力回復手術を承認しました。

国がその安全性を認めたことでアメリカ国内で急速に普及し、今では年間症例100万件ともいわれるレーシック先進国になっています。

日本ではというと、以前はレーシックを行っている医療機関も少なく公的な認可などもなかったため、以前はスポーツ選手などごく一部の人のみが行っていました。

その後アメリカに続き日本でもレーシックの安全性が認められ、2000年に厚生労働省がその安全性を認めエキシマレーザーの視力回復手術を承認しました。

公的機関に承認されたのがきっかけとなり、レーシックを行う医療機関も増えレーシックは一般にも急速に普及していったのです。

レーシック手術でどのくらい視力が上がるの?

レーシック手術を受ける上で一番気になるのがやはり手術後の視力のことだと思います。

レーシック手術でどのくらいまで視力が回復するかは、手術前の目の状態によっても異なりますが、90%以上の人が裸眼視力が1.0以上に回復しているというデータがあります。

正常視力は裸眼視力が1.0以上なので、レーシック手術を受けた90%以上の人視力が回復しているということがわかります。

手術前に適応検査や事前検査を行い、レーシック手術適応かどうかをしっかりと判断しているということも、この視力回復効果が高いという結果にも繋がっているといえます。

レーシック手術にはデメリットもある

レーシック手術は高い視力回復効果と安全性・日帰りで手軽にできるということが人気の理由でありメリットともいえますが、繊細な目の手術であることに変わりはないので合併症などのデメリットもあります。

レーシックの合併症として代表的なものとして、夜間の光がにじんで見える「ハロー」と、光がまぶしく見える「グレア」があります。

症状の感じ方などにも個人差はありますが、これらのハローグレアは手術後3~6ヶ月ほどで慣れ気にならなくなる人がほとんどです。

またドライアイもレーシック手術の合併症の一つです。

フラップ作成時に角膜の神経を切断するため涙の反応が低下しドライアイの症状が現れます。

症状がある間はドライアイ用の目薬で対応しますが、手術後3カ月ほどで症状も改善し元の状態に戻ります。

レーシックに感染症や失明の危険はあるのか?

目だけに限らず手術を行う上で医療機関が細心の注意を払うのが感染症です。

レーシックは目の手術になるので感染症を起こしてしまうと、視力低下などの重大な事態を招いてしまう恐れがあります。

レーシック手術で感染症にかかったり失明してしまう危険性はあるのかどうか、レーシック手術について正しく知っておくこともとても大切です。

感染症が発症することはある?

以前レーシック手術後に集団感染事件が起こり、当時メディアなどでも大きく放送されました。

レーシックが一般に広まり注目されていた頃なので、大きな衝撃を受けた人もいるのではと思います。

集団感染が起こったことで、レーシックで感染症が起こる・危険・失明するなどの印象を持ってしまった人もいると思いますが、この集団感染はレーシック自体の問題ではなく、不衛生な器具を使用したなど医療機関側の衛生管理が原因です。

実際に日本白内障屈折矯正手術学会の調査報告によると、2015年1月~12月に行われた1501症例(7622人)を調査した結果、術後感染症は0件という結果でした。

このことからもわかるように、レーシック手術はとても高い安全性を誇っているということがわかります。

レーシックで失明することは決してない

レーシック手術は目の奥は触らず目の表面の角膜のみを削る手術になるので、網膜など視力に関係のある目の内部には影響を与えません。

術前の適性検査・精密検査・徹底した衛生管理などしっかりとした医療機関で、豊富な知識を持つ眼科専門医が正しく手術を行っていれば、失明することはないといえます。

屈折矯正手術の中でもレーシックは安全性が確立されている手術です。

万が一何か問題が起こってしまっても、しっかりとした医療機関であれば適切な治療を即行ってくれるので重篤な状態になることもまずありません。

レーシックは世界的にも有名な手術である

レーシックは日本だけではなく世界的にも有名で、一般にも広まっている屈折矯正手術の代表といえます。

アメリカでは2007年にNASAやアメリカ空軍が視力の矯正方法として認めていることから、その高い効果と安全性がわかると思います。

眼科領域の中でも最も権威のある雑誌に、世界中のレーシック学術報告の解析結果が掲載され、他の手術と比べてもレーシックは高い満足度が得られる手術だということが報告されています。

つまりレーシックは世界中で安全性や有効性が認められている手術なのです。

レーシックのことは眼科専門医にじっくり相談してみましょう

日本眼科学会の屈折矯正手術ガイドラインでは、手術は角膜の生理や疾患・眼光学に精通している眼科専門医が行うこととされています。

眼科専門医とは、眼科手術を含む臨床研修を修了し認定を受けている医師のことで、いわば眼科のプロともいえます。

レーシックは短時間で日帰りで行えるとはいえ繊細な目の手術に変わりはありません。

安易な気持ちでレーシック手術を受けるのではなく、デメリットなどもしっかりと理解しておく必要があります。


質問や不安なことがあればそのままにしておくのではなく、豊富な知識と確かな技術を持つ眼科専門医にじっくりと相談し納得した上で手術を受けるようにしましょう。

レーシックが受けられるおすすめクリニック

品川近視クリニック
東京・名古屋・大阪・福岡・札幌
レーシック 70,000円~

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

オススメ
神戸神奈川アイクリニック
東京・大阪・福岡
レーシック 250,000円~

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

新宿近視クリニック 東京
レーシック 36回払い月々8,900円

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

眼科画像
眼科名品川近視クリニック神戸神奈川アイクリニック新宿近視クリニック
特徴125万症例以上の実績があり、サービスも充実症例数が50万件以上ある人気の眼科最先端の技術導入で高い顧客満足度
立地東京(有楽町)・名古屋・大阪・福岡・札幌東京(新宿)・大阪・福岡東京(新宿)
診療日・時間年中無休 10:00~20:00火曜休診 11:00〜19:00(土日10:30~、日曜~18:30)木曜休診 10:00~19:00(完全予約制)
人気の手術プランアマリス750ZレーシックプレミアムアイデザインレーシックVario Design レーシック
手術費用7~33万円程度
(月々3,000円~)
25~40万円程度30~40万円程度
(月々8,900円~)
保証制度最大10年保証最大15年間最大3年
事前相談・検査無料資料請求・メール相談・説明会・適応検査無料資料請求・電話メール相談・説明会・適応検査無料資料請求・メール相談・説明会・適応検査
HP

あわせて読みたい