レーシック手術にかかる費用相場・料金の目安は?保険はきく?

日本は近視大国とも呼ばれています。視力を回復する手段としてレーシック手術に興味を持っている人もたくさんいますが、レーシック手術を検討する上で気になるのがやはり費用面です。
レーシック手術はどのくらい料金がかかるのか、費用相場や保険などについても詳しく解説していきます。

レーシック手術の費用相場はどれくらい?

レーシック手術は自由診療となるため健康保険は使用できません。そのためレーシック手術費用もクリニックごとに異なり、相場も7万円~40万円と大きく差があります。

レーシック手術にかかる費用は選んだ術式によっても異なってきますが、遠視や乱視があるから近視の人よりもレーシック手術費用が高くなるなどということはないので安心して下さい。
ほとんどの人は両目の手術を行いますが、片方の目だけ手術を希望する場合は両目の費用の半額となることが多いようです。

自分の目にはどの手術があっているのか、費用はどのくらいかかるのか・他の術式との違いはなど、費用についても知っておくようにしましょう。

レーシック費用が安すぎる場合の注意点

自由診療のレーシックはクリニックが金額を設定することができます。そのため10万円を切るような格安メニューのところもあれば、40万円近くかかるところもあるなど費用に大きな差があります。

安すぎると逆に大丈夫なのかなと不安を感じるかもしれませんが、全国に店舗があるレーシック専門の大手クリニックなどは、たくさんの顧客に対応することができ、全国展開することで仕入れコストなども削減することができます。そのため手術費用も安く設定することができるのです。

使用する機器によって手術費用は異なる

レーシック手術は使用する機器などによって種類が何種類もありますが、格安メニューのレーシック手術はスタンダードなレーシックな場合が多いようです。

例えばマイクロケラトームというカンナのような機器でフラップを作成する場合は術者の技術なども必要となり、術後の合併症などフラップトラブルの問題もあります。

一方で今普及しているフェムトセカンドレーザーなどのレーザーでフラップを作成する場合は、マイクロケラトームであったようなフラップトラブルなどは起こりにくいといわれていますが、マイクロケラトームを使用したレーシック手術よりも費用は高くなります。

このように費用が安くなっているのにはちゃんとした理由があるのですが、レーシックが普及し顧客の取り合いから価格競争が始まり低価格で質の低いレーシック手術を行うクリニックが出てきて問題となることもありました。

まずは検査を受けると良い

あまりにも手術費用が安過ぎるという場合は医師になぜ費用が安くなっているのか聞き、納得した上で手術を受けるようにしましょう。
ただ角膜や視力の状況などによって格安メニューが受けられない場合もあるため、まずは無料検査を受けて自分の目の状況を把握し、格安メニューは受けられるのか・おすすめの術式はどれかなど医師と相談しながら最終的には決めていく必要があります。

地方はレーシック費用が高い傾向にある

レーシック手術を行うためにはレーザーなどの特殊な機器が必要となりますが、これらの機器を導入するにはかなりコストがかかります。

先程説明したように、レーシック手術を行っている大手クリニックは、東京・大阪・愛知(名古屋)・福岡などの大都市にあり顧客数も多くコストも削減できるため、レーシック手術費用を安くできるのです。

しかし地方になると、一般の眼科診療も行いながらレーシック手術も行っているというクリニックも多く、どうしても手術を行える日数が少なくなってしまいます。

導入した機器にかかる費用や対応できる顧客数などを考えると手術費用を安くすることは難しいのが現状です。
上記のような理由などから、地方のレーシック費用は高い傾向にあるといえます。

レーシック手術に保険適用は可能?

私達が病気や怪我などで病院にかかると健康保険が使えるため、レーシックも健康保険が使えるのではと思っている人もいるかもしれませんが、レーシック手術は健康保険が適用できません。自由診療となるため自己負担は10割の自費扱いになります。

しかし任意で入っている生命保険や医療保険によってはレーシック手術が手術給付金の対象となっている場合もあります。

保険会社や契約内容によって異なるため、レーシック手術を受ける前に加入している保険が手術給付金の対象となっているかどうか確認しておきましょう。

また、レーシック手術は確定申告での医療費控除の対象にもなるため、10万円を超える支払いとなった場合は領収書などは捨てずに残しておくようにしてください。

レーシック手術は費用だけで決めるものではない

日帰りで行えるというのもレーシックの人気の理由の一つです。
しかしその手軽さから眼鏡やコンタクトレンズを作るのと同じような感覚でレーシック手術を受ける人も増えてしまいました。

内容をよく把握しないまま安いからと費用だけで手術を決めてしまうことはとても危険で、手術後のトラブルの原因にもなってしまいます。

日帰りで手軽にできるとはいえレーシックは手術です。どんなに安全な手術といえども合併症や後遺症などが起こる可能性はゼロではありません。

安全なレーシック手術を受けるためには費用だけではなく、術式やクリニックの実績・医師の技術・設備などもクリニック選びのポイントとして重要視する必要があります。

まずは無料の事前検診を受けてみましょう

レーシック手術について事前にいろいろと調べても、自分の目がレーシックを受けられる目でなければ意味がありません。

身長や体重が一人一人違うように、目の度数や形・状態なども一人一人違います。
そのため手術前に自分の目をしっかりと調べてもらう必要があります。

検査結果によって手術適応ということになれば、どの術式が一番合うのか・費用はどのくらいかかるのか・術後の経過はどのようになるのか・気になる合併症や後遺症にはどのようなものがあるのかなど、医師から詳しく説明があります。

クリニックを選んだらまずは無料の事前検診を受けて、レーシック手術が適応かどうか診てもらいましょう

レーシックが受けられるおすすめクリニック

品川近視クリニック
東京・名古屋・大阪・福岡・札幌
レーシック 70,000円~

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

オススメ
神戸神奈川アイクリニック
東京・大阪・福岡
レーシック 250,000円~

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

新宿近視クリニック 東京
レーシック 36回払い月々8,900円

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

あわせて読みたい