緑内障でもレーシック手術は可能?緑内障とレーシックに関する疑問解説

40歳を過ぎた頃から気をつけたい目の病気に緑内障があります。緑内障になっていてもレーシック手術は可能なのでしょうか?

緑内障とレーシックに関するさまざまな疑問を解説してきます。

緑内障とはどんな病気?


引用:santen-緑内障とは

緑内障とは目の中の圧力「眼圧」が上がることによって脳へと繋がる視神経が障害され、視野がどんどん狭くなっていく病気です。

慢性の緑内障は視野障害が少しずつ時間をかけて進行していくため自覚症状はほとんどなく、視野欠損が大きくなってから初めて視野の異常に気がつく場合が多いのです。これが緑内障の怖い部分になります。

一度欠けてしまった視野は二度と戻らないため、緑内障の場合は早期発見・早期治療がとても重要になってくるのです。

日本人が最も失明になる可能性のある病気

緑内障は日本人に起こる視覚障害の原因の第一位ともいわれており、また中途失明の原因としても常に上位に入っている病気です。

以前に行われた疫学調査では40歳以上の実に20人に1人は緑内障と診断されているという結果も出ていますが、その中でも緑内障に気がついていない人も9割近くいるのではと考えられています。

自覚症状がないため気がつきにくい病気ではありますが、上記のように中途失明の原因ともなっており、現在では40歳を過ぎたら緑内障早期発見のために特に異常がなくても定期的な目の検診を受けることが推奨されています。

慢性緑内障と急性緑内障の2種類がある

緑内障は大きく分けると急性緑内障と慢性緑内障の2種類に分けられます。

急性緑内障とは原発閉塞隅角緑内障ともいい、目の中の水「房水」が排出される出口の役割をしている隅角という部分が狭く、閉塞し眼圧が急激に上がる状態をいいます。

緑内障発作とも呼ばれており、急激な眼圧上昇に伴う眼痛や頭痛・吐き気などの激しい症状が特徴で、放置すると失明の可能性もあるため早急な治療が必要となります。

一方の慢性緑内障は原発開放隅角緑内障ともいい、隅角は広いのですが目詰まりを起こし房水が流れにくくなり、少しずつ眼圧が上がっている状態をいいます。

緑内障の人の多くは慢性緑内障で、慢性緑内障の全体の約9割は眼圧が正常範囲内だが視神経に緑内障性の障害が起こる「正常眼圧緑内障」だといわれています。

緑内障でもレーシック手術はできるの?

40歳以上の20人に1人が緑内障にかかっているという調査結果からみても、緑内障は今では身近な病気といっても過言ではありません。

視力を回復したいとレーシック手術を受ける際には、この緑内障になっていないかどうかとても大切になります。

特に近視が強い人ほど緑内障のリスクが高くなるともいわれているため、レーシック手術を受けようと思っている場合は事前に眼圧測定など緑内障の検査も必要になってきます。

緑内障になっていてもレーシック手術はできるのか、レーシック手術と緑内障について詳しくみていきましょう。

緑内障だと基本的にレーシック手術は厳しい

レーシック手術はレーザーで角膜を削り屈折力を調整して視力を回復する手術ですが、レーザーで削った分だけ当然ながら手術後は角膜が薄くなり変形します。

そのためレーシック手術後は眼圧を測っても低く計測されることが多くなります。

眼圧が本来の値よりも低くでてしまうと、正常な眼圧測定ができず緑内障が見逃されたり、治療効果を過大評価してしまうなどという悪影響が起こってしまう可能性がでてきます。

そうなると緑内障の治療に重大な影響を与えてしまうため、基本的には緑内障の人はレーシック手術をおこなうのは厳しい場合が多いというのが現実です。

緑内障でもレーシック手術が可能な場合もある

緑内障があると手術を断られる場合が多いですが、緑内障ならば絶対に手術を受けることができないというわけではありません。

実際に屈折矯正手術ガイドラインでも禁忌とはされておらず、慎重を要するものという部分に位置付けられています。

緑内障の状態が非常に安定している・目の状態が良い・進行が止まっているなどの条件が揃っており、手術はもちろん手術後のケアもしっかりとおこなってくれる医療機関であれば、緑内障でもレーシック手術が可能な場合があります。

ただレーシック手術でフラップと呼ばれるフタを作成する時に角膜に圧力がかかるため、眼圧が上がってしまうことがあります。

眼圧が高いと視野欠損などが進んでしまうため、眼圧が上がってしまうということは緑内障にとっては非常にリスクとなるのです。

緑内障でレーシック手術希望の人は、そのことを手術前に医師としっかりと相談し理解した上でレーシック手術を受けるようにしましょう。

レーシック手術をすると緑内障になる可能性が高い?

今までの視力矯正は眼鏡やコンタクトレンズを使用する方法しかありませんでしたが、レーシックが一般にも広まり一気に人気となりました。しかしその一方で合併症などの問題もでてくるようになりました。

「レーシック手術をすると緑内障になる」という噂を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、噂通り本当にレーシック手術で緑内障になってしまうのか詳しくみていきましょう。

レーシック手術によって緑内障は発症しない

レーシック手術によって緑内障になるのかということですが、結論からいうとレーシック手術が緑内障発症の原因になってしまうということはありません。

緑内障は40歳以降で患者数が増加することから、「目の成人病」とも呼ばれていますが、レーシック手術は20代という若い世代も多くおこなっています。

レーシック手術によって緑内障になってしまったという人は、レーシック手術を受けた頃はまだ緑内障にかかっていなかったけれど、年齢を重ねたまたま緑内障を発症してしまうということが大半なのです。

緑内障の発見が遅れてしまうリスクがある

眼圧を測定する時は器具や空気を角膜表面にあててその時の角膜の凹みで眼圧を測定します。

空気が抜けているとボールは柔らかく、逆に空気がたくさん入っているボールは硬いのと同じで、眼圧も凹みが大きければ眼圧が低い・凹みが少なければ眼圧が高いと判断します。

そのため角膜の厚みが薄ければどうしても眼圧は低く測定され、角膜の厚みが厚ければ眼圧は高く測定されます。

レーシック手術後を受けている人は角膜が薄くなっているため、上記のような理由から眼圧を測定しても実際よりも低い数値としてでてしまうのです。

緑内障の診断には眼圧が高くなっていないかどうかということがとても重要になってくるため、本来の数値よりも低くでてしまうということは緑内障の早期発見が遅れてしまうことにも繋がる可能性があり、今後の緑内障治療に大きな影響を与えてしまうのです。

そのためレーシック手術後は慎重に眼圧などを観察しないと緑内障の発見が遅れてしまうリスクがあるのです。

一度欠けてしまった視野は戻らないため、緑内障の早期発見は自分の目を守ることにも繋がっていきます。

レーシック手術後に緑内障の手術はできる?

緑内障の治療としては点眼薬で眼圧を下げる薬物療法が基本治療となりますが、薬物療法でも眼圧のコントロールがうまくいかないというような場合は、眼圧を下げる手術がおこなわれます。

レーシック手術を受けている人は緑内障手術ができないのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、レーシック手術後でも緑内障手術は可能です。

ただレーシック手術で眼圧が低くでてしまうということもあるため、レーシック手術後に緑内障治療をおこなう場合は、手術を受けた医療機関からレーシック手術前の眼圧など目のデータを教えてもらうと今後の治療の参考となります。

レーシック手術が受けられるオススメクリニック

品川近視クリニック
東京・名古屋・大阪・福岡・札幌
レーシック 70,000円~

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

オススメ
新宿近視クリニック 東京
レーシック 36回払い月々8,900円

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

神戸神奈川アイクリニック
東京・大阪・福岡
レーシック 150,000円~

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

あわせて読みたい