レーシック手術ができる年齢は何歳から何歳まで?最適な年齢を解説

視力が回復できるレーシックに多くの人が興味を持っていますが、何歳から何歳頃まで手術を受けることができるのか、レーシックの適応年齢についても気になるのではないでしょうか。

そこでレーシック手術ができる年齢について詳しく見ていきたいと思います。

レーシック手術ができるのは何歳から?

視力を回復させる手術と聞くと大がかりな手術のようなイメージがありますが、レーシック手術は日帰りで短時間で終わりこれもレーシックが人気の理由の一つと言えるでしょう。

インターネットが普及し便利な世の中になりましたが、その反面近視の子供達も増えてきています。この原因として勉強やゲーム・パソコン・スマートフォンなど、昔に比べて近業が多くなったということがあげられます。

近視の子供達が増え、眼鏡はスポーツ時不便・コンタクトレンズは自分で管理できるのか不安といった親の声もよく聞こえてくるようになり、レーシックに対する関心も高まっているのです。

そこで気になるのがレーシック手術を受けることができる年齢についてですが、実はレーシックは何歳から何歳までしか受けることができないといったような統一された制限はありません。

しかし身長と同じように眼球も成長していくため、この目の成長期を考えた上でレーシック手術の年齢制限を設けている医療機関がほとんどです。

18歳からレーシック手術可能

多くの医療機関では18歳以上からレーシック手術が可能としていますが、レーシックは健康保険の適用外の自由診療扱いとなることもあり、未成年がレーシック手術を行う場合は保護者の同意や同伴が必要となります。

目の成長も18歳になればほぼ落ちつき視力も安定し、また高校卒業後の職種によっては裸眼視力を求められる職種もあるため、日本眼科学会のガイドラインではレーシックが受けられる年齢を18歳以上としています。しかしこれはあくまでも保護者の同意を得られた上で行うものとしています。

できれば20歳以上だと望ましい

一般的には18歳で目の成長がほぼ落ちつくとは言われていますが、身長などに個人差があるのと同じで目の成長も個人差があり、18歳を過ぎても成長を続ける場合もあります。

レーシック手術で視力が回復すると近視が治った!と思ってしまいますが、レーシックは近視の進行を止める手術ではなく、手術で今現在ある近視を矯正するという手術になります。

つまりレーシック手術をして良く見えるようになっても、近視が進んでしまったらまた見えにくくなってしまうのです。
10代の目が成長を続けている時にレーシック手術を行っても近視が進んでいく可能性が高いため、できれば20歳以上まで待つのが望ましいといわれているのです。

オルソケラトロジーなら子供でも視力回復が可能

レーシック手術は角膜の厚みが十分にあることが前提となります。一度レーシック手術をしている人は角膜が削られているため、近視が進行して再手術となっても角膜の厚みが足りず手術が行えないこともあり得るということを覚えておきましょう。

そのため近視が進行する可能性がある10代の内は、安易にレーシック手術を受けることはやめたほうがよいでしょう。

そんな10代でも視力回復ができる方法として注目を集めているのがオルソケラトロジーです。

オルソケラトロジーはレーシックのように角膜を削る必要がなく、特殊なコンタクトレンズを装用して寝ることで視力を回復させる方法になります。

通常のコンタクトレンズは角膜のカーブに合わせた形をしていますが、オルソケラトロジーで使用されるコンタクトレンズは中央の角膜部分が扁平な形をしているのが特徴で、寝る前にこのレンズを装用することで寝ている間に角膜が圧迫され変形していきます。

朝起きた時にはレンズを外しても角膜は変形したままになり近視矯正効果をもたらすというメカニズムになります。

角膜を変形させているだけなので、夜間のレンズ装用を止めれば変形した角膜は徐状に元の角膜に戻っていき、気に入らなければいつでも前の状態に戻すことが出来るというのも特徴の一つです。

普通にコンタクトレンズを使用するのと同じ感覚で使えるため、親がしっかりとレンズのケアや管理を行うということが出来れば、オルソケラトロジーは子供でも使うことができるのです。

レーシック手術ができるのは何歳まで?

レーシック手術は先に述べたように18歳以上から(20歳以上が望ましい)とされていますが、何歳までできるのかという年齢の上限ははっきりとは決められてはいません。つまり極端にいえば70歳でも80歳でも希望があればレーシック手術を行うことはできるということになります。

しかし実際はというと、70歳や80歳でレーシック手術を受ける人はまずおらず、40歳までを推奨年齢としている医療機関が多いのです。

これは40歳を過ぎてくると加齢による様々な目の変化が徐々に現れてくるためです。その代表的なものが老眼と白内障になります。

レーシック手術と老眼・白内障の関係

40歳を過ぎるとピントを合わせる調節力が弱くなっていき、近くが見えにくくなってくる老眼が現れ始めます。

レーシック手術では遠くにピントを合わせて視力を回復させますが、近くを見る時は自分の調節力を使って近くにピントを合わせなければいけません。
若い頃はまだ調節力も強いため問題ないのですが、40歳を過ぎて老眼が現れ始めると近くにうまくピントを合わずことができず見えにくくなってしまいます。

近視はもともと近くにピントが合っている目なので、40歳を過ぎて調節力が弱まってきても近くは見え老眼を自覚しにくいのです。

しかしそんな近視の人がレーシック手術を行うと近くに合っていたピントが遠くに合うようになるので、遠くは見えるようになる一方で今まで見えていた近くが見えなくなり、自覚していなかった老眼を強く自覚するようになってしまいます。

また老眼と同じく目の老化現象の代表とも言えるのが白内障です。
白内障はレンズの役割をしている水晶体が老化によって白く濁りかすみやぼやけなどの視力低下をもたらす病気で、40歳代から発症し始め60歳代になると約7割の人が白内障になるといわれています。

白内障は手術で濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを眼の中に入れ視力を回復させます。

この目の中に入れる眼内レンズの度数は人によって様々なので、手術前にどのくらいの度数を入れたらいいのかしっかりと計測しておく必要があります。

しかしレーシック手術を受けている人は角膜を削っているため、眼内レンズの度数を正確に計測できない可能性があります。
また白内障手術で眼内レンズを入れることで視力は回復するため、わざわざレーシック手術を受ける必要もないと言えます。

このように老眼や白内障があるとレーシック手術後の見え方に不満が残ったり、レーシック手術自体に影響を与える場合もあるため、40歳以上の人のレーシック手術には注意が必要です。

レーシック手術の適応年齢に上限はない

上記でも説明しましたが、レーシックの適応年齢に上限はありません。しかし40歳を過ぎると老眼や白内障など20代・30代ではなかったような目の変化が現れるため、40代以降のレーシックはリスクが高いとも言えます。

もちろん年齢上限はないため手術自体が出来ないわけではないのですが、老眼による近くの見にくさや老眼鏡の必要性、いずれ白内障手術を行う時のリスクなどしっかりと医師から説明を受け納得・理解した上でレーシックを受けるようにしましょう。

適応年齢でもレーシックを受けられない場合とは

レーシックは年齢の上限もないため適応年齢であれば誰でも受けることができると思うかもしれませんが、場合によってはレーシックが眼に対して悪影響を及ぼしてしまうこともあります。
レーシックが受けられない場合、また手術を受けることはできるけれどその実施には慎重を要するなどレーシック手術に向いていないのはどんな人なのかについてみていきましょう。

レーシック実施が禁止されるもの

レーシック手術が禁忌の人とは次のような人になります。

・円錐角膜がある人や円錐角膜の疑いがある人
・活動性の外眼部や内眼部の炎症がある人
・重度のアトピーや糖尿病がある人
・角膜の厚みが薄い人
・妊娠中や授乳中の人
・強度近視の人

特に円錐角膜は絶対禁忌とされています。レーシックを受け角膜を削ることで円錐角膜がさらに進行してしまう可能性があるからです。

また円錐角膜をまだ発症していない人もレーシックによって発症してしまう危険性があります。

レーシック実施に慎重を要するもの

レーシックの実施に慎重を要する人とは次のような人になります。

・緑内障がある人
・ドライアイの人
・角膜ヘルペスになったことがある人
・以前に屈折矯正手術を受けたことがある人
・向精神薬などを服用している人

レーシックでは角膜を削るため角膜神経が一部切断されてしまいます。そのため手術後にドライアイになりやすいとされています。

ドライアイは目の乾きだけではなく、目の異物感や痛み・目のかすみ・まぶしさ・眼精疲労・頭痛など様々な症状が起こりますが、症状の現れ方には個人差があるため、目の乾きに気付いていない人もいれば、症状が重く日常生活に支障をきたす人もいます。

もともとドライアイの人はレーシック手術によってさらにドライアイが悪化する可能性があるということを覚えておきましょう。

また緑内障など目の疾患がある人もレーシックは慎重に行う必要があるため、手術後のリスクなど医師としっかりと相談してレーシックを受けるようにしましょう。

レーシック手術に最適な年齢まとめ

レーシックは視力が回復し眼鏡やコンタクトレンズから解放されるというメリットばかりが目立っていますが、近視が進行中の人にはできない・老眼や白内障などについても考慮する必要があるなどから年齢との関係性もとても重要になります。

安易にレーシックを受けてしまうと手術後の見え方に満足できず後悔してしまうことにもなりかねないので、年齢を考慮しメリット・デメリット、、レーシック手術のリスクについてもしっかりと理解しておくことがとても大切です。

レーシックが受けられるおすすめクリニック

品川近視クリニック
東京・名古屋・大阪・福岡・札幌
レーシック 70,000円~

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

オススメ
新宿近視クリニック 東京
レーシック 36回払い月々8,900円

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

神戸神奈川アイクリニック
東京・大阪・福岡
レーシック 150,000円~

レーシックが可能であるかを判断するため、無料の適応検査を受ける必要があります。

あわせて読みたい